五芒星館 〜ごぼうせいかん〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 鎮まった?十三日の受難

<<   作成日時 : 2008/09/14 04:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

9月13日(土)先負・丙辰・五黄・危・氏・奎・富山高瀬神社祭・千葉玉前神社祭・(八専)間日・水星と金星が最接近・小惑星8567が最接近・水星が火星の南3゚26.1'を通る・月が海王星の北0゚45.6'を通る(北米方面で海王星食)・天王星が衝


 本日、新潟で震度三規模の地震はありましたが、愛知県に大規模な地震は起こりませんでした。
 私も色々と提案しましたが、それをやってよかったと思っています!

 日曜日までは油断できないかと思いますが、ジュセリーノ氏の指摘していました重要日を越えたことは、何よりだったのではないでしょうか!?

 10日にイラン南部でM6.1。インドネシアモルッカ諸島でM6.6。
 11日に北海道十勝沖でM7.0と連続しましたが、その波が続かず13日は分断されたようですが、その主な原因は、辛酉月であることと、この8日に、木星が順行に戻ったことと、さらに9日に冥王星が順行に戻ったこと。

 そのエネルギーが原因のような気がします。
 順行、逆行は、実際に惑星が向きを変えるわけではないですが、地球から見てそのように錯覚されるだけとしても、順行に戻る日ははっきりとしているため、やはりそう見えるだけでも惑星がその位置に達したら、何らかの作用がこの地にも出るのかもしれません?

 惑星の部屋移動、そして逆行、順行の切り替え日は、注意日ではないかと、地震後に、新しい地震のサインを学習しました。(常に起きるとはいえないので、法則とまでは呼べませんが)

 それと水の災難が多かったのも(ハリケーンも恐いですが)、壬子を始め、天体の方も水星に幾つかサインが出ていてアスペクトも多い。

 しかし私は、木星と冥王星の順行はさほど重視していなかったので、そこは見落とし、むしろこの十二〜十五日が注意日だと、今月9日頃発売された「恋愛暦」にて、指摘させていただきました。(「恋愛暦」の話題は、次回、写真入りで触れます)

 十五日。この日まで何事もないことを祈るばかりです!




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私はキミが気付いてくれることをずっーと祈っていた。そのうち100%大地震が起こる時がわかるようになる。すでに一流の占い師だが、国家を背負う、超一流の占い師になれる。大地震においては太陽も相関関係がある。また、7日が危ないと思ったのも間違いではない。現実にそこから「変化」が始まっている。―右手に大十字を持つねこちゃんより。
ねこちゃん
2008/09/14 11:23




くるな、くるなと祈っていましたが、昨日は本当にこなくてよかったです。

先生の考えられたおまじないが効いたのかもしれません!!!!!!
ありがとうございました!!!

愛知のF
2008/09/14 20:46


ねこ様

右手に大十字をお持ちなのですか。
お偉い方からお褒めいただきまして、恐縮です。
私は今まで地域社会でコツコツやってきましたが、小を積んで少しずつ中へと持っていかねばならないとは、未だに思っています。

しかし、世の中の厳しさは未だ痛感中なのです。
しかし、そのうち、地域レベルでも協力者が現れるかもしれませんし、希望は捨てまいとは思っていますが。


愛知のFさま

今回は、本当に天災厄除け祈願や、ニュー呪術(おまじない)の提案、前日の地震を鎮める詩。
 それらを書いておいてよかった。
 そんな気がしています。

 13日が何事もなく無事済んで、本当によかったですね!


五芒星オオタ☆ヒロユキ
2008/09/15 02:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
鎮まった?十三日の受難 五芒星館 〜ごぼうせいかん〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる