五芒星館 〜ごぼうせいかん〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 占い人生に明暗『明の時、暗の時』あり。例え明の時でも私は私。暗の時も同。一喜一憂せず行くのみ

<<   作成日時 : 2010/08/03 02:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

8月2日(月)先負・甲申・七赤・除・華・胃・青森ねぶた祭・十方暮入り(土用)間日・不成就日・火星が土星の南01゚56.2'を通る



 先日、県外である会社の社内イベントに占い師として呼んでいただきました。

 会場入りした際、私を知る者がいない分、冷たい目線を感じましたが、しかし、放置のされ方にさらに冷たいものを感じましたが、机上を浄化していると、何をやってるのとまた冷たい目線。

 おそらくその目線は、何故空間を清めているのかがわからない体の反応(風水とかそういう本を読んでいる時だけ、占い師のアドバイスを聞いて、その後はどうでもいい類の心理)なのでしょう。

 波長強化、この空間の波をよくしているんですよ、その方が占いを行う時の感度が良いですから(二コッ)。

 私のことを知らないところに行くと、だいたい?という字が視線に込められているのですが、さてイベント鑑定スタートです。

 顔を観て、第一声「○○でしょう」「そ、そうなんですよ〜!」
 最初の方の反応が良好でしたから、今日は上手くいくでしょう。

 待っている際に、葬儀の話をされていたイベントの折、その時点で今日は難しいと予感していたらその通り、そこで思いがけないことに遭ってしまいましたが、今回は、良い流れだと確信しました。

 途中で、職員の方の態度が急変してきたので、これは受けがよろしいんだと直感しました。

 知らない人が来て何をやるんだ?
 占いなんて、無料イベントだから受けてやるよ。

 この会社は、ギャラをいただいて行いましたから、お客さんは得をしていますが、軽い気分や、ただ受けてみた。

 そんな方々を占い、反応が頗るよかったので、最近ダウンしていましたが、中には握手を求めてこられる方もいて、いや、ちょっと受けすぎ、良い時も悪い時も鵜呑みにせず、当たりの度合いを冷静に見つめよう。

 私はそう思っていますから、大きく外れて、な〜んだ、外れてるよと言う言葉に遭遇する際も、その言葉を鵜呑みにせず、何故外れるか分析します。

 だいたいが、その方が、自身の運命に逆らってきたり、親同士がバラバラの性格でそれを強く受け継いだため、どうしても偏屈になったり、変わった性格になっていたなど、そういう角度から冷静に観ていくと、一九××年の選択が間違っていたんですよという結論が出てきます。

 今年占った豪傑のような女子高生は、強運で、彼女が産まれてすぐ、ずっと売れなかった山が売れて、その家にドーンと大金が入ったそうですから、それはその子が、先祖から、この家を盛り上げるために誕生させられた何か、秘密が秘められていると私は予感しました。


 しかし、今回のイベントは良い反響で何よりでした。


 よくお仕事をいただいているイベント会社の方(正確にはそのイベント会社にご依頼くださっている宝石会社の方)からは以前。

「先生はいつもいいんですよ。本当にありがとうございます。
皆さん、時間が短すぎて、まだ聞きたいことがあったのにと、残念がっていましたが、毎回、凄いです。おそらくうちがお願いしている占い師の先生の中でも一番、評判がよく、皆さんが当たる当たる、当たりすぎて恐いぐらいと言われるので、そんなに受けがいい方は本当に珍しく、私たちも驚いています。
 受けがよいので、先生に頼むと大丈夫と、いつもお願いしていますが、大変、感謝です」


 そうお褒めの言葉をいただきましたが、でも最初に門を潜った時はたいがい、何だ、占い師にしちゃあ若いな。大丈夫か?

 そんな顔で出迎えられますが、途中ぐらいから、皆さんの態度が変わってくれるので、その辺から、少し安心してさせていただいております。

 あぁ、イベントでは、星で占いません。(二年前までは暦を中心で観ていました。三年前まではタロットもかなりイベントでやっていましたが、最近は、今のスタイルです。最近受けられた方は承知されていると思われますが)

 イベントの折りに、今話題の橋本京明先生みたいな感じの占い師ですね、何も道具も本も観ずに占って、何も言ってないことまで指摘されたので驚きましたという声もいただきました。

 ですから年月をイベントではあまり占いませんが、星の方はイベントで観るには時間がまったく足りませんから、またの機会に是非!

 その場では、またすぐ占って欲しいとよく言われますが、二三日経つと、占いのことは忘れていかれるようなので、やはりその瞬間か、翌日に占えれば一番良いですが。


 帰りがけ、その会社の所長さんと、主任さんが、やってこられ、普通なら室内で挨拶程度で終わるのですが、廊下まで見送ってくださり来たときは違う、キラキラかつ緊張した表情で「ありがとうございました。今日は大変、好評でした。
 皆が当たると言っていました。
 実は、最初は、占いか・・・程度にしか思っていませんでしたが、こんなに好評だとは思ってもみず、最初はあまり構うこともできずに失礼しました。
 こんなに好評だとは、本当に驚きです。
 ありがとうございました」

 深いお辞儀までしてくださいましたが、これだけ深いお辞儀をいただいたのは初めてかもしれません。

 最近、落胆していましたが、現場で気持ち、テンションを上げることが出来ました。


 でも、占いは常に依頼があるわけではありませんし一度占えば次に依頼があるのは当分先なもの。

 自信を持って胸を張ってやれるものではありませんが、私の積み上げてきたものが評価された時は、せめてその日だけでも良い気分を抱いて帰りの電車に乗ることにいたしましょう。


 当てることは難しいもの。
 鑑定前か、その日は土地入りをする際に山に礼をし神社等に参り、当日の占いの成功を祈願。
 会社入りした後、空間を清め、ある祈り文を読み、自身のカンも良い状態にしておき、挑みます。

 一回、一回が勝負で、外れてもすぐに修正していき、自分のスタイルを信じて、再び、私の占いを求める方に向き合います。

 高いリスクですが、賭けを続ける日々を私は送っています。


 最近続いている、世間の冷たい風……。

 その風は止む気配は無いですが、世の中には、心ある人もいるでしょう。

 人間は、良い時には、周囲が声援をくださるものです。

 しかし、苦しんでいる時に温もりある言葉をかけてくれることは少ないものです。


 だから私は、言葉だけでも励ましポエムを人の心に語っているのですね。

 時にストレートに。

 時にカーブで。

 時にシュートで。

 同じ球が続けば、サプライズも少ないものです。

 ですから、その言球(ことだま)が、あなたのハートに上手くストライクすることが出来たら、私の「占い四行詩」は、成就していくことでしょう。







是非クリックを!
↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ





 私は、(運気の落ちていると思われるうえ、地震にも注意が必要である)愛知県を、「無震県」と(ある時期まで)改名することを提唱しています!

 ハイチに似た名前(母音が同じである)愛知県の地震除けを祈願するためにも!


 ハイチ、今回のバハカリフォルニア州も、AI、AAAIなど、AIの文字で始っています。

 川崎、奄美大島、八丈島、台湾など、地震注意区域でAIから始る土地も気がかりですが、そういう地域は、何か改名案を今後、私が閃けば提案していきたいと思っています。
 天啓あればですが。(アイスランドもAIなので気がかりな地です)

 愛知県を、「無震県」と(ある時期まで)改名する私の提案に、ご賛同くださる方がおられることを願います。

 地震の波動を受けないためにも!


 地震に無縁の「無震県」

 大地の揺れも無縁となりますことを!


 静岡県の新名も閃きました。
 それは「静震県」です。

 そして、東京都の新名も閃きました。
 それは「地鎮京」です。




 イベントのお仕事(お店の記念日や販促イベント等)に是非、占い師として呼んでやってください。

 店舗の一画、カフェの一画など、占い環境やイベントを提供してくださる方を随時、募集しています。

 現時点で金銭面も、協力者面も厳しい現状の私に協力してくださる方、サポートしてくださる方がおられましたら是非ともご連絡ください。

 占い原稿などのご依頼も承ります。



 携帯の方へ
上のプロフィール欄が表示されないようですので、私のプロフィールと鑑定の詳細はコチラをクリックして下さい!→「五芒星館








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パキスタンで大洪水;ア;イ;で始まりますね・この国も

2010/08/03 10:29

光さま

パキスタンは、洪水に限らず、世界の未来の鍵を握っている国の一つなので、私は注目しています。
五芒星 オオタ☆ヒロユキ
2010/08/04 03:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
占い人生に明暗『明の時、暗の時』あり。例え明の時でも私は私。暗の時も同。一喜一憂せず行くのみ 五芒星館 〜ごぼうせいかん〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる