五芒星館 〜ごぼうせいかん〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰も知らない「姓名判断」の欠点の発見者として知りたい方向けの講義をいつかしましょう

<<   作成日時 : 2012/07/18 05:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 3

7月17日(火)友引・己卯・三碧・成・尾・参・京都八坂神社祇園祭山鉾巡行



 この度、東京に行きますが、本来「姓名判断」の秘密。

 その解明と、占いの在り方。

 そういうテーマで、どこかでお話しできたらと思っていました。

 とりあえず、その演題は、またの機会に。(場所や、協力者などが必要ですので)


 何故、姓名判断かと言いますと、実は、世の中、対面鑑定をメインとする占いでは、姓名判断が最も多いような気がするからです。(特に地方都市では)

 ですから、私が気付いた、「姓名判断」の真相。

 それまでの常識に対して、メスを入れる内容です。

 つまり、姓名判断における画数という理論は、根本が、不完全だという話なのですが、

 これは、普通に姓名判断をされている方は、誰一人気付かれていないでしょう。

 しかし、それに気付いたとはいえ、私は姓名判断をメインの占術とすることはないでしょうが、

 実際、それを聞かれて、一番、驚かれるのは、

 受ける方ではなく、

 占い師ご自身でしょう。

 おそらくは。


 お客様というのは、占いの看板が、あれば、大きく目立つほど、入ってみようかと思うものなのですが、

 姓名判断を売りにされている方で、おそらくは誰一人、私が発見したことに気付かれてはいないようなので、

 いつか、占い師向けに、セミナーなどを行う方がよろしいかもしれません。


 〜ですから、今、お客様から、名付けを頼まれている先生方、から、聞かれる方がいいでしょう。個人説明も承りましょう。対面の場で。無償とはいきませんが、ある程度、ご希望の勉強代で〜


 あるいは、姓名判断の理論の根本が揺らいでしまうので、既成の姓名判断をどうしても信じていたいと思われる方は、聞かれない方がよいかもしれません。

 〜ただ、人間は、信念。信じるパワーがあれば、理論が間違っても、時としてそれは真実になると思います。
 例えば、ある人が心の底から叫ぶ歌には、その人の理屈を超えた魂が込められて聴くものを震え上がらせるでしょう。

 しかし、音を外さないだけで気持ちも込めずプロが唄っても、聴く方は、何も感じず、あぁ唄ってるとしか思わないかもしれません。音楽通以外は〜

 それと姓名判断における、言葉の意味。

 意味そのものには、言霊力が秘められていると思いますので、

 私がメスを入れるのは、画数の理論の方です。


 さて、その姓名判断改革の先駆者として、どこかで発表できる場があるとよいですが。


 陰陽五行説の理屈。

 それも、おそらくは、どこかで変貌したと思います。

 東洋哲学は、やはり西洋に根本があるはずですから、宗教とも密接にかかわっているでしょう。

 しかし、占星術の部分が抜け落ちたように見えるだけで、おそらくは、宗教、哲学とも一体として存在していたことでしょう。


 さて、身近にも、姓名判断を売りにされる占い師がいますが、

 本人は、社長になる名前ですね。

 事故で死なない名前ですね。

 名前を変えるとすべてよくなると言っていますが、

 残念。

 私の理論を聞くと、彼の主張の根幹は揺らぐでしょう。


 いえ、占い師なら、早く気付いた方がいいのです。

 それは、より真相に近い理論。

 それがあるから、人類発展してきましたから。

 そして、それを根本に、新しい理論を構築していけばいい。

 私はそう思います。

 姓名判断の改革を。

 さて、姓名判断の欠陥。

 それは、発見した者として、礼を持って尋ねる方にはお教えしますが、

 それは流派とか作るべきでしょうか?

 (お知りになりたい方は上記した通り、多少、私に投資してください)


 ただ、名前というものは、格好がよいだけでも、そこにパワーが入ると私は思います。

 画数とは別の角度から。

 画数の魔法にかかり、私も十代の頃は、大量に名前を考えましたが、

 画数の理論の欠点にある時期に気付いた時に、

 画数の魔術から脱しましたが、

 ただ、それでも、画数にも不思議な力は、姓名判断で表現されている理屈とは別なところ?で、存在しているかもしれません。

 そう、もしかすると、画数の理論は、後付けで、

 元々は、別の理屈が存在していたかもしれません(?)から。

 さっぱり、私の言っていることが何なのか、わからないと思いますが、(しかし、面白そうでしょう?)

 ですから、占いの世界は、

 まだ秘されている部分があることでしょう。

 私は、普通に勉強したり、仕事をしたり、何かを覚えるとか、

 それよりも新しいこと、

 謎に向かって、

 その奥に進んでいく精神の人間なせいか、

 気付けたのかもしれませんが。

 つまり、私が、

 姓名判断の止まっていた時間を動かす鍵を握っている?

 ただ、姓名判断は、さほど今は関心がないので、

 実際、鑑定の際も、さほど売りにしてませんが、

 姓名判断の改革は、いつかせねばならない課題であることは確かです。










私のメッセージを受け取ってくださった方は、こちらのクリックの方もよろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓     ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他趣味ブログ 占いへ
にほんブログ村   人気ブログランキングへ


 電子書籍「占星術師オオタ☆ヒロユキ未来を語る」発売中です!


 私は、愛知県を、「無震県」と(ある時期まで)改名することを提唱しています!

 地震の波動を受けないためにも!

 地震に無縁の「無震県」

 大地の揺れも無縁となりますことを!

 静岡県の新名も閃きました。
 それは「静震県」です。

 そして、東京都の新名も閃きました。
 それは「地鎮京」です。




 イベントのお仕事(お店の記念日や販促イベント等)に是非、占い師として呼んでやってください。
 店舗の一画、カフェの一画など、占い環境やイベントを提供してくださる方を随時、募集しています。
 占い原稿などのご依頼も承ります。



 携帯の方へ
上のプロフィール欄が表示されないようですので、私のプロフィールと鑑定の詳細はコチラをクリックして下さい!→「五芒星館







テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いまさらですが予言17が抜けてますがそれにも意味がある?
ハニー
2012/07/18 06:16
姓名判断の真実の姿が封印されてる箱を開ける時がきたようですね。

2012/07/18 08:29
ハニー様

確かに。下記の文、UPしてませんでしたか?

風がどこからか?
中東?
その風は地球全土へと?
小麦?穀物は良作の年になる?
雨量も豊富に?
そして、洪水が増える年に。
しかし、破壊者が?
二人の権力者の対立?
年末に何か祝杯?

このメッセージではなかったでしょうか。
もうどこかでUPしましたか。

滝さま

ナイスコメント、ありがとうございます!

事件は現場で起きても話題にはならないので、公の場で発表する日が来て、徐々に浸透ということになるでしょうか。

でも箱を開ける日が早い方がいいと思います。
五芒星 オオタ☆ヒロユキ
2012/07/19 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰も知らない「姓名判断」の欠点の発見者として知りたい方向けの講義をいつかしましょう 五芒星館 〜ごぼうせいかん〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる